読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

God doesn't play dice.

雑記。読めば読むほどめまいが加速します。

001
吾郎「結局ふたりってなんなの?幼なじみなんでしょ?」
リキ「まぁでも幼なじみでまとめるのもなぁっていう部分あるよねぇ」
カズ「分かる」
吾郎「でも恋人じゃないんでしょ?」
カズ「それは違う。」
リキ「言葉って瞬足履けるんだね。食い気味だったね。」
カズ「コーナーで差をつけてっからね」
リキ「フライング気味だったけどね」

吾郎「じゃあ兄妹みたいな感じ?」
リキ「あー惜しい!惜しいよ!ニュアンスはね!それ!」
カズ「近いね!スゴく近いけど不正解だね!ニアピン!」
吾郎「面倒くせぇなお前ら!じゃあなんですか!?ビジネスパートナーですか!?」
リキ「別にビジネスしてないもんな」
カズ「だとしたら他にいい男いると思う」
リキ「それは普通に傷つくから思ってても言わないで」
カズ「そうこうしてるうちに次がラストチャンスだよ!」
リキ「早くない!?シビアだね!」
吾郎「じゃあ友達!」
リキ「なんでだよ!!!ねぇ見た?シリーズちゃんと読んだ!?あなたが書いたシリーズみた?」
カズ「おぉ!正解です!」
吾郎「やったー!」
リキ「虚しさと寂しさが尋常じゃねぇよぉ。俺、うさぎだったら死んでるよぉ」
カズ「このクイズでは正解するごとに、美女が捏ねくり廻して焼いた焼きたてのピザを一枚差し上げます」
吾郎「なんでだろう!?工程全部言うと美味しくなさそう!」
リキ「正解じゃないから!出題者納得してないからね!」
カズ「ちょっと待って!?」
リキ「どうした?」
カズ「私とんでもないことに気づいてしまった」
リキ「いいよ。どうせロクでもねぇことだよ。」
カズ「てぃーりきさん、そもそも出題者ではないよね」
リキ「細かすぎない?」
吾郎「俺が幼なじみなの?って聞いたらカズちゃんがいいや友達と言った。それまでだよな。」
リキ「だとしたら俺の紆余曲折を返せよ!」
カズ「勝手に迷い込んだだけじゃん」
リキ「厳しいよ!現実って厳しいな!俺に厳しいよなお前ら!」
カズ「現実?何言ってんの?」
吾郎「ここは[ピー]の世界だぞ。」
リキ「さらっと言ったけどファンタジーの人間が言っちゃダメ!!!!!」

 

カズ「それじゃあ第二問!」
吾郎「よしっ!(フリップを取り出しながら)」
リキ「なんでだよ!!!一問目終わってねぇぞ!!!って普通にクイズ始めやがったよ、、、吾郎さんはどこからフリップ持ちだしたんだよ。」
カズ「りきてぃーの嫌いな食べ物といえば」
吾郎「ピンポン!」
リキ「早押しなの!?」
カズ「はい、吾郎さん!」
吾郎「トマト!」
リキ「口頭!?フリップ意味無!!」
カズ「ブッブー!最後まで問題をよく聞いて下さい!」
リキ「ひっかけあんの!?」
カズ「トマトですが、学名をSolanum lycopersicumといい、南アメリカアンデス山脈高原地帯(ペルー、エクアドル)原産のナス科ナス属の植物でリコピンなどを多分に含む...」
リキ「トマトだろうがい!!!!!」
吾郎「ピンポン!」
カズ「はい、吾郎ちゃん!」
吾郎「トゥメェイトォゥ!」
カズ「正解!」
リキ「トゥメェイトォゥとトマトは一緒じゃねぇの!?」
カズ「と言う訳で正解はトマトでしたー」
リキ「トゥメェイトォゥじゃなくて!?」
カズ「りきてぃー、何言ってんの?」
吾郎「その発音は流石に引く」
リキ「数秒で記憶消えるのかお前らは!?」
カズ「そんな細かいこと言うなよ〜私達の仲じゃんか!」
リキ「お前よくそんなこと言えんな!」

 

吾郎「じゃあ第3問!」
リキ「気持ちいいくらい流れ無視!」
吾郎「5月10日って何の日でしょうか!?」
リキ「うわぁスゲェ!緊張する問題出た!!」
カズ「いや平日でしょ?なんかあったっけ?」
リキ「お前、嘘だろ」
吾郎「ヒントは志田未来の誕生日」
リキ「1993年5月10日のAB型ね」
カズ「へぇ」
リキ「雑学披露したわけじゃねぇんだよ」
カズ「いやマジで分かんねぇっすわ。」
リキ「下手したら今日一番傷ついてっからね。そんなもんなんだね俺。」
吾郎「なんかごめんよ。」
カズ「あーうそうそ!!!わかるよ!!後藤の日!」
リキ「もう俺、ツッコミ降りるね」
吾郎「ヤバイぞ!かなり傷ついてんぞ!」

 

カズ「気を取り直して第4門いくよ〜」
リキ「いや口足らずだから門だけになってから!気を取り直すなお前が!」
カズ「すぐツッコむじゃん。全然降りないじゃん。」
リキ「いや楽しいから...」
吾郎「問題」
リキ「お前が出すんかい!!!」
吾郎「Side:rikiが更新されなくなった理由は一体なんでしょうか!?」
リキ「またメタ!?ネタ切れに決まってんだろ!?」
カズ「ピンポーン」
吾郎「おっ、早い!」
カズ「現実社会におけるパーティのいざこざ」
リキ「お前がそれを言うんじゃねぇ!」
吾郎「正解!」
リキ「正解だけど!一番は作者のやる気だよ!」
カズ「ちょっとりきてぃー」
リキ「なんだよ!」
カズ「うるさいよ」
リキ「これでも大事な仕事してんだよ!」
吾郎「りっき」
リキ「もうなによ!?」
吾郎「うるさいよ」
リキ「重ねなくていいんだよ!!!!!分かったよ!!!!黙るよ!!!!」

 

カズ「喋れよ!!!!」
リキ「どっちだよ!!!!!」
吾郎「ヘイ!りっき!」
リキ「うるせぇなぁ!!!!!」
吾郎「暴言吐かれた...」
リキ「なんで俺が悪者みてぇになってんだよ!」
カズ「ちょっとコレは謝罪ですね...」
吾郎「死んで侘びてほしいですね...」
リキ「ツッコミ入れただけなのに!?もうお前らと今後やっていく自信ないよ!」
数吾「お前それ本気で言ってんのか?」
リキ「そんな本気で言ってたらこんなに長々どうでもいい物語楽しく紡がねぇだろ」
全員「エヘヘへへへへへへ」
吾郎「バーイ!」

 

リキ「終わらせねぇよ!違いますやんか全く進んでないじゃんか物語が」
カズ「いや、もう物語は完結しましたやんか〜」
リキ「いつだよ!?去年の9月から更新ねぇぞ!」
吾郎「みんなでラスボス倒したじゃん」
リキ「時系列どうなってんの!?最初の方じゃねぇのコレ!?」
カズ「なんでも時系列で物事が進むと思ったらダメよ」
リキ「最初の質問と登場人物からしてかなり初期なのかと...」
吾郎「お前何言ってんだよ。明日式じゃん?気合入れていかないとじゃん。特に俺とりっきは」
リキ「はっ?式?なんの?」

 

002

吾郎「えーっと先程ご紹介に預かりました。」
リキ「リキです。」
吾郎「吾郎です。」
二人「二人合わせて『ないものねだり』です」
リキ「ねぇーよろしくお願いします。」
吾郎「いや〜参ったね。」
リキ「いきなりどうしたんだよ。こっちが参るよ。いきなり聞かされたよスピーチとか」
吾郎「ちょっとお話聞いてもらってもいいですか?」
リキ「いや、スピーチしようよ。」
吾郎「それがさ、ちょっと今俺凄く腹立たしいのよ。」
リキ「愚痴!?今言うことじゃなくない!?それはめでたい席のスピーチで言うことじゃなくない!?」
吾郎「そりゃね、この世界の設定決めたのは他でもない私ですよ?」
リキ「なんか始まっちゃったよ!」
吾郎「でもね、そんな主人公とパーティーの一人がくっつく話。ちょっと出来すぎじゃないですか?需要ありますかって?いやそもそも実は王子様でしたーって何!?王子様な訳ねぇだろ!?白馬乗れないよ!?」
リキ「その怒りの拳はパンチングマシーンにぶつけて!?」
吾郎「うん」
リキ「よし素直ないい子だ」
吾郎「そんな茶番はどうでもいいんですよ」
リキ「お前が始めたんだよ。だとしたら返せ時間を」
吾郎「あのー今日結婚式じゃないですか」
リキ「来賓も凄いねぇ。めでたいねぇ。」
吾郎「パーティーの一人がまさかの王家ですよ。もうワンピースじゃんか。」
リキ「まぁ構想練ってたのはそれ以前ですけどね」
吾郎「いやー本当にするんだね。」
リキ「本編というかまだ1ミリもそういう描写無かったけどね。だってまだ新郎出てきてないもんね。」
吾郎「出てくんのかなっていう疑問はあるよ」
リキ「作者のやる気次第だろうね」
吾郎「じゃあ出てこないね!」
リキ「あまりにも可哀想だな!いいんだよ!スピーチしようよ!?」
吾郎「そう言うと思いましてね。私用意してきたんですよ。」
リキ「おぉ!書いてきてるじゃん!」
吾郎「僭越ながら読ませて頂いても?」
リキ「ハイ、もちろんお願いします」

 

吾郎 「新郎くん新婦ちゃん、お誕生日おめでとうございます。」
リキ「豪華すぎるだろ!?」
吾郎「新郎くんとはもう長い付き合いになりますね。6年と4ヶ月と3日。」
リキ「気持ち悪過ぎんだろ!メンヘラの彼女でもそこまで覚えてねぇよ。」
吾郎「人のピザを勝手に3切れも食べるような彼がこんなに可愛いお嫁さんを貰って僕は嬉しいです。」

吾郎「嘘です。」
リキ「そこは本当であれよ。さりげに悪口じゃねぇか。」

吾郎「ところで、新婦は俺からすると赤の他人です。」
リキ「親族以外だいたいそうだよ!」
吾郎「でも俺の親友の嫁になるということは、すなわち俺の嫁でもあるということです。」
リキ「どういう思考回路してんだよ。ジャイアンかお前。」
吾郎「つまるところ、新婦と僕は家族です。」
リキ「発想が大気圏超えましたけども。見守りましょう。」
吾郎「だからなにか新郎に直接言えない悩みがあれば俺に言ってください。」
リキ「なんでお前に言わなきゃならんのだよ」
吾郎「例えば新郎が赤ちゃん言葉で甘えてきて吐き気がしそうな時はLINE下さい。」
リキ「例えがゲス!!もう少し頭の引き出し開ける努力して!」
吾郎「オムツセットと哺乳瓶ぐらいは貸し出します。」
リキ「どんな悩みだァァァ!!!!!!なんでそんなもん持ってんだよ!!!」

リキ「ねぇ今のところこのスピーチ赤点を叩き出してるけど大丈夫?」
吾郎「いや大丈夫じゃない。問題しかない。」
リキ「わかってんのかよ!!」

吾郎「さて最後に、三つの玉の話を僕から捧げます。」
リキ「マイペース!いや違うよね!?普通は袋だよね!?」
吾郎「まず一つ目はキャン玉ちゃんです。」
リキ「もう!?早いよ!?オチじゃないの!?」
吾郎「もう新婦ちゃんは夜な夜な転がしてると思うので全部は言いませんが。」
リキ「こんなめでたい場でいうなそんなこと。」
吾郎「ひとつだけアドバイスするなら、ねぶってください。」
リキ「ただただ最低なアドバイスだな。」
吾郎「そして2つめはもう一つのキャン玉ちゃんです。」
リキ「もう一個目のキャン玉に同梱しとけや!二つで1つだよあんなもん。」
吾郎「修二と彰ですか?」
リキ「地元じゃ負け知らずってやかましいわ!」
吾郎「キャン玉は右と左を交互にバランスよくお願いします。」
リキ「どんだけねぶらせたいんだよ。ふやけんぞ。」
吾郎「以上の事を新婦ちゃんに捧げます。」
「三つ目は!?」
吾郎「スタッフ一生懸命探しました。でもね。見つかりませんでしたよ。」
リキ「3つ目ドラゴンボールばりに探してこいバカ!もうキャン玉言いたかっただけじゃん!」

リキ「もうお前とお祝いなんかやってらんねぇよ!」
吾郎「お前、それ本気でいってんのか?」
リキ「本気で言ってたらこんなにみんなで楽しくお祝いしてねぇだろ」

二人「えへへへへへへ」

吾郎「最後に二人に言わせてください!HAPPY BIRTHDAY!」
リキ「まだ勘違いしてんのかよ!もういいよ!」
吾郎「末永くお幸せに!」


新郎「なにこのスピーチ」
新婦「短いし漫才?お前らネタやってないで早く続編書けよ」
リキ「辛辣!!!」

 

作者より皆様へ。
最後まで読んでいただきありがとうございました。
少しずつボケを増やして構想から1ヶ月程度掛かってしまいました。
タイトルは付け忘れではないの。
あの本当に急だったの発表するのが。
ナンバリングするような作品ではないという判断です。
そもそも自分がやりたかったこと詰め込んだだけですしね。
本当はもっと煮込みたかったんですけどもう面白いこと思いつかないかなって。
これでちょっとでも元気になる人がいればいいなぁという気持ちです。
僕の文にそんな力はないし、そんな単細胞いないと思うんですけどね。
書くもん書いちゃったしあげるかって。

見返したらクソ短い(笑)

俺の中ではもっと長かったはずなんだけど(笑)

 

mjktFantasyは何のために書いてるのか自分でもよく分からなくなる不思議な作品です。
そもそもの動機が不純なんでそりゃそうなんですけどね。
みんな登場させるまで細く長くやりたいなぁって思ったり思わなかったりです。
出して欲しければ出たいと申すがよい。
Side:riki 2ndPhaseが早いかSide:Gが早いか。
それともまた潜伏するのか。
新しい筆者が登場するのか。
あっ、劇場版のノベライズだけは絶対に完結させねぇかんな!