読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

God doesn't play dice.

雑記。読めば読むほどめまいが加速します。

せっかくなので4年もいろんなブログで使いまわしてる、パワークラフトの漫才「クリスマス」にちょっと足してみた。

ツッコミ:どうも~、パワークラフトです
ボケ:どうもー
ツ:いやークリスマスの季節ですね
ボ:そうですねー
ツ:最近店でもクリスマスプレゼントとかよく売ってますよね
ボ:もうこのネタ4年使いまわしてるんで確認しときますけど、クリスマス村から来た人。最近テレビ出てます?
ツ:イントネーションが完全にクリス松村じゃねぇか!
クリスマス村からは来てねーよ。
あの人は二丁目から来てるんだよ、たぶん。見ねぇよ最近。
ボ:あっそうですか。
ツ: いやクリスマスですよ。 クリスマスと言えばやっぱりケーキですよね。 
いろんなケーキありますけど何が好きですか。
ボ:俺はやっぱり好景気の方がいいですよね。
やっぱりインフレの方がね、デフレよりね。不より好の方がね。
ツ:誰が経済の景気の話をしろって言ったよ!
ケーキですよ、チーズとかショートとかいろいろあるじゃないですか!
ボ:ロングケーキがいいですね
ツ:そのショートは長さのことじゃねぇよ!
ボ:じゃあ、フリーケーキで
ツ:フィギュアスケートじゃないんだよ!
ボ:俺はクリスマスフリーですけどね。
ツ:お前の予定は聞いてねぇよ!ショートケーキだって言ってんだろ!?
ボ:じゃあセカンドですか。
ツ:野球のことだろ!それ!ショート違いだよ!
ボ:あっそうか。俺が好きなのはセカンドケーキだ!(そうか、そうか)
ツ:一人で納得すんなよ!意味わかんないだろ二番目のケーキって!そこは一番のケーキ食えよ!
お前もしかしてケーキの種類知らねぇだろ。 チョコぐらいしか知らねぇんだろ
ボ:いや、そんなわけないじゃないですか。知ってますよ。
ツ:じゃあ言ってみろよ
ボ:えーっと、クランキーケーキ。
ツ:それもうチョコレートじゃん
ボ:麦わら一味の船大工
ツ:フランキー!
ボ:なんか母親にイライラする。
ツ:反抗期!
ボ:それを極めた奴。
ツ:ヤンキー!
ボ:ゲスの極み
ツ:ベッキー
ボ:なんか今日、卵いっぱい産めそうな気がする
ツ:産卵期!
ボ:あっそうだ。この卵でケーキ作ろーっと。
ツ:お前は鶏なのか人なのかハッキリしろよ!
ボ:あっ、でも俺クリスマスフリーだった
ツ:悲しいこと思い出しちゃったよ!
いやいや、お前ケーキの種類全然知らねーじゃねーか。
ボ:さっきから横やりがやかましいんですよ
ツ:俺の仕事だよ!
ボ:でもね。クリスマスといえばケーキよりチキンじゃないですか?
やっとまともな話だね。僕は嬉しいよ。
ボ:でもね、一緒に食べる相手がいないんですよ。
ツ:そうだったフリーだったッ..
ボ:僕が悪いんです。
ツ:どうしたいきなり
ボ:あの日僕に告白する勇気さえあれば。
キミと一緒にチキンを食べれたかもしれない。
僕が臆病者(チキン)だったばっかりに。。。
ツ:そっちぃ!?
大して掛かってないし、うまかねぇよ。
ケンタッキーとかのチキンの話だろ!?
ボ:もう遅いかもしれない。でも僕はキミにLINEした。
ツ:続くの!?
ボ:「今暇?一緒にファミチキ食べない?」
ツ:なんでこんなクソみてぇな文をクリスマスに送る勇気はあるんだよ。
ボ:下手したら無視されるかもしれない。
そんな緊張感が僕を襲う。
ツ:されろよ、もう。
ボ:ピロリン♪彼女からの返信だ
ツ:暇だったのかな
ボ:「ごめんなさい。」
ツ:あーやっぱり!言わんこっちゃない!
ボ:「私はからあげクン派なの」
ツ:そっちぃ!?いやそこじゃないだろ!
ボ:「そうなんだ」と返信した僕は涙を流しながらセブンの揚げ鳥を頬張る
ツ:なんでローソン行かなかったんだよ!!ローソン行っててもLチキ買うけども!でもなんでセブンも行ってるの。。。
ボ:実際チキンの話そんなになかったんですけど、サンタの種類なら知ってますよ。
ツ:サンタの種類?
ボ:イチタとニタとサンタとヨンタと…
ツ:ごめん一郎、次郎、三郎みたいになってっけども
サンタのサンは数字じゃないのよ。
サンタはサンタクロースの略なのよ。
ボ:えっ、ファンタ振ろうぜ?
ツ:お前の聞く力はSiriにすら劣ってるよ!
振ったら泡ブッシャーなっちゃうからね。
ボ:いや、泡は噴かないだろ。サンタじゃないんだから。
ツ:いや、サンタさん過労で倒れてるんじゃねぇか!
ボ:いやーサンタ業界も厳しいですからね。
ツ:完全にブラックじゃねぇかサンタさん。大丈夫かよ
ボ:いや大丈夫じゃないっす。
ツ:お前はどこの人間だよ。サンタ業界っていうのですら初耳だけど、大変だろうねぇ。
ボ: ちょっとでも配達の時間遅れたらもう閉店になっちゃいますからね 。
ツ:閉店?
ボ:サンタクローズ。なんつって。
ツ:上手くねぇよ!閉店しちゃ困るよ!配ってくれよプレゼント!
ボ:もうサンタフリーズ。なんつって。
ツ:お前、会場がフリーズしてない?気のせい?
ボ:サンタプリーズ。なんつって。
ツ:なに欲しがってるんだ!
配れ!プレゼント!!!
ボ:サンタフリース。なんつって。
ツ:わぁ〜カワイイデザイン!あったか〜いってバカ!
ボ:サンタシリーズ。なんつって。
ツ:どんなシリーズだよ!
ボ:「もういい、もう辞めます」つって。
ツ:いきなりどうした!?何に悩んだ結果だよ!
子どもは靴下用意して待ってんだよ。子どもの夢壊すなよ。
ボ:そんな丈短い靴下置かれたってねぇ。
ツ:くるぶしソックス用意するバカいねぇよ!
ボ:ルーズソックスがいいですかね?
ツ:きっと長すぎだね。
ボ:そんな、靴下って言ったって、紙で作ったやつでしょう?
ツ:小さい子が折り紙で折ってるなら愛嬌があっていいじゃない
ボ:そんなキリスト教だからって神様で作られてもねぇ。
ツ:カミ違いじゃねぇか!
ボ:サンタも困りますよね。
ツ:ペーパーじゃなくてゴッドだったら俺でも引くわ
ボ:「あっ、おはようございます。大丈夫っすか?」つって。
ツ:サンタさん神にめっちゃ気使ってる!
ボ:「じゃあ、お口の方からPSP入れさせてもらいます」つって。
ツ:いやいや!無理だから!天罰下るって!
「妥協案:ゲームボーイミクロ」ぐらいにしとこう!
ボ:「じゃあバレないようにお口チャックでお願いします」 つって。
ツ:神様にナニしてるんだよ!職権の乱用だよ!
ボ:「お母さーん、 このPSPなんかモンダミンの臭いがするんだけどぉ」つって
ツ:耐え切った!神様耐え切った!
意外に神様嫌がってないじゃねぇか!
ボ:「お母さん!変なおじさんが二人いるよ!」
ツ:PSP取っといてなぜ気付かぬ。あと二人?
ボ:「お母さん!サンタさんいるよ!!」
ツ:サンタさん逃げ損ねてるじゃねぇか!
ボ:サンタさんは言いました「そのプレゼントの代わりにお前の母さんを抱いたんじゃ」
ツ:最低かよ!夢もクソもあったもんじゃねぇな!
お前クリスマス全然知らねぇじゃん。
ボ:いや、うちペペロッチ教なんで。
ツ:どこの国の宗教だよ!
もういいよ。
どうも、ありがとうございました。