God doesn't play dice.

雑記。読めば読むほどめまいが加速します。

mjktFantasy(仮) EXTRAChapter3

ミー「えっPhase2じゃないの!?続きは!?」
カズ「なんなのそもそもPhaseって。ちょっと個性出そうとして失敗してるパターンじゃん。」
リキ「じゃあいいよ!Part2で!」
ミー「とにかくPart2っていうかSide:rikiの第二部は始まるの?始まらないの!?」
リキ「大丈夫!近いうちに見切り発車でやろうと思ってる!」
カズ「大丈夫じゃねぇじゃねぇか!」
ミー「ねぇねぇうるさいわよ。そんなの連呼していいのPerfumeだけよ。」
リキ「冒頭からぶっこみ過ぎなんだよ!」
メリ「進むのかこれ」
リキ「いやぶっちゃけネタがありません」
カズ「正直すぎんだろ!」
リキ「いや別の作者が作ってる情報は上がってるのよ。ただ合わせないといけないからさ。キャラの登場順とか決まってないから。」
ミー「私早く冒険したい」
リキ「作者悩みすぎて、よし!4人分の掛け合い書くの辛いからもうトリックみたいに寂れた怪しい村の謎を解き明かしつつオチはファンタジーなのに後味悪め。リキカズコンビものでお茶を濁そう!って考えてたんだから。」
カズ「言ってる割には4人の掛け合いガッツリ書いてるじゃないコレ」
ミー「なんで。それで書けばいいじゃん。書いてないの?」
リキ「肝心のトリックが思いつかなかった。」
ミー「戦闘シーンお茶濁したやつが何言ってんのよ!そこを濁しなさいよ!」
リキ「あといよいよバディ物書き始めたコイツって思われんの嫌だったから」
カズ「なんか作者の本音みたいなの出たよ!私の出番のチャンス減ったじゃん!」
リキ「それに俺巨根じゃなかった。」
ミー「なんでトリックに寄せたの!」
リキ「だって相方が巨乳なのはもう作中で名言されてるんだよ!?じゃあもう逆に俺短小ってことにするしかないじゃん?」
ミー「ないじゃん?じゃないわよ。ファンタジーの世界でとんでもないこと言わないでよ」
リキ「木更津キャッツアイみたいに時間巻き戻すのもありかなと思ったけどあっ無理じゃわってなったのよ。」
カズ「もうなんでも言うね。」
リキ「そもそも俺に0から1を生み出す力ないから、1を悪ノリで7ぐらいにしてきた男だから。」
ミー「もうアンタ作者なのか物語の人間なのか分かんないわよ。」

カズ「結局、次誰出す?って事でしょ?」
リキ「次だんちょでしょ」
カズ「いや誰だよ!?」
リキ「お前mjktを語る上で欠かせないメンバーぞ?」
ミー「喋り方がこの世界のそんちゅみたいになってる」
リキ「誰っすかそんちゅって?」
ミー「ヤベッ!」
リキ「なんすか?村に置いてきた彼氏ですか?」
ミー「いないよ!彼氏なんて!」
メリ「ミーシャのスポンサー!」
ミー「いつもそればっかり!」
カズ「おじさんなの?」
メリ「この前ブランド物買ってもらってた!」
ミー「ウソ言わないの!怒るよ!」
リキ「結局誰っすか?そのそんそんそんちゅって。」
ミー「前前前世みたいに言わないの。誰にも相手にされなかったからってここでネタ流用すんのやめなさい。」

メリ「ねぇりきてぃー。この女の人誰?ゆっ...」
リキ「タウンティングブロウッ!」
メリ「ギャァーッ」
カズ「なんでここで技出してんだよ!」
リキ「アブねぇ。あいつには悪霊がついていたんだ。」
ミー「仲間を攻撃したやつが言っても説得力ないよ。なんで間一髪だった感だしてるのよ腹立つ。」
カズ「そんでこのゆっk....」
リキ「クロススラッシュッ!」
カズ「ギャァーッ」
ミー「だからなんでだよ!」
リキ「プログラマーの嫌がらせで脊髄反射するようになってます」
ミー「知らないわよ!」

リキ「うやむやにしてるけど、結局そんちゅって誰だよ?」
カズ「ピザっぽそうじゃない?」
ミー「キャラの設定資料見直して!それ現実世界の話!知らないやつによくそんなこと言えるね!」
リキ「あとゲームで友達を大人気もなくフルボッコしそう」
ミー「知らない奴なのによくそんな悪口思いつくね!知り合いじゃないの!?」
リキ「いや、知らん。むしろまだ出ない。」
ミー「もうメタやら混ざりすぎて分かんないわ」


作者コメント
結局誰を出せばいいんですか?
出さずに迂回させますか?
それともトリックしていいんですか?
それとも誰かの新作が読めるんですか?
果たしてどうなる!乞うご期待!