読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

God doesn't play dice.

雑記。読めば読むほどめまいが加速します。

【mjktぶんしゅう】まさに美女と野獣!深夜のファミレスで疑惑のツーショット【独占】

7月下旬の短い夜も明けるころ。
市内のあるファミレスで仲睦まじく密着する二人の男女...
ただならぬ関係を示すかのような1枚を本誌は独占入手した。

f:id:riki_3939:20160727000821j:image
※提供:わいちゃ〜通信
 
美女の手を離さないよう固く手を繋いでいる左の男性こそ「地デジ受信中」や「シャワーあびる優」などのネタで人気を博しているS氏である。
今回本誌ではS氏の初スキャンダルをスクープすることに成功した。
 
この写真の信憑性を上げるために補足しておくと、
彼のTシャツに注目していただきたい。
このTシャツはmjktFes2015というイベントの限定Tシャツでこの世に10着も無い品である。つまり今回本誌は紛れもない本物の写真を掲載していることが皆さんにもおわかりいただけるかと思う。
 
 
一次会の焼肉屋から出てきたS氏はたくさんの友人達と談笑しながら、
二次会へと向かった。
二次会はファミレスで開催するようで、8人という多所帯で席を囲んだ。
偶然か必然かーー。
そして2人は、隣の席に座り、寄り添った――。
 
本誌が目撃したお相手の美女は、広末涼子似の美女A子さん。
二人並んだ姿はまさに美女と野獣だ(サイズ的に)。
 
「S氏はA子さんと会うのはまだ数回程度。しかしSNSなどでよく絡んでいたりと気が合う部分も多かったみたいで、すぐ打ち解けたみたいですね。友人のお見送り会のようなものだったらしく、あの人気生主が重い腰上げてわざわざ自転車で来たり、A子さんも仕事終わりにわざわざ遠いところから駆けつけたりと楽しい会だったみたいですよ。でも彼の目的がそれだけだとは到底思えません。」(業界関係者)
 
2人が初めて出会ったのはA子さんの誕生日。
面識のないA子さんにサプライズドッキリを仕掛けることを当日聞くというサプライズを受けた彼はA子さんに喜んでもらう為に東奔西走したという。
 
「1番張り切っていたんじゃないでしょうか。話を聴いた時はもうノリノリでしたね。一番スパイとして活躍してくれたんじゃないでしょうか。でも傍から見たらストーカーっぽかったかも知れませんね(笑)その日は一言も言葉を交わしてないんです。その時から少し気になっていたみたいですよ。」(業界関係者)
 
最近の恋愛事情について聞かれた彼は「いや全然ないから」と自虐的なコメントをしていた。
 
本誌が目撃した冒頭のシーンに戻ると――。
ファミレスの店内にはS氏のグループの5人しか居ない状況に。お酒も飲んでいないのにはしゃぐ様子のS氏が外からも見える。
そんな彼をA子さんはにこやかに見守っていた。
しかし、A子さんの肩こりが酷いという悩みの話から思わぬ方向に動き出した。
 
「S氏は女の子が苦手なんです。隣りにいたから揉んでくれる?みたいな流れになったんですけど、女の子の肩すら揉めないという体たらくぶり。A子さんは肩こりで悩んでいるみたいだったので、どうにかして肩を揉ませよう。女の子への免疫をつけようという流れになったんです。」(前出・業界関係者)
 
何を言っても拒否しかしないS氏に周りの友人から厳しい野次が飛ぶ。
それでも頑なに肩もみを拒否するその姿はラブホテル前でせめぎあう男女のようだった。
それならばと段階を踏んでみようという提案で、まずは手つなぎから始めることに。
 
するとS氏もだんだんと調子に乗ってきた。

手を自分の方に引き寄せるS氏。
まさに肩が揉めないと言っていた人とは思えない大胆極まりない行動である。
f:id:riki_3939:20160728005355j:image
 

店に入って約3時間たった朝の5時過ぎ、ようやくお開きに。

店から出てくるS氏はよほど楽しかったのだろう、満面の笑みを浮かべている。
S氏はルンルン気分で自転車に乗り込むとA子さんに「後ろ乗ってく?」と相乗りの提案。
後ろに乗ったA子さんはガッチリとS氏に捕まり楽しそうな顔を浮かべていた。

f:id:riki_3939:20160727002034j:image
提供:わいちゃ~通信
※写真は本誌で加工したもの。
※公道での二人乗りは危険です。
 
どこからどう見ても恋人にしか見えない。
マスコット的可愛さから恋愛の可愛さへと昇華させることが出来るのか。
 
S氏の所属事務所はこの件について、「いい大人ですので本人に任せていますが、仲の良いお友達の1人だと聞いております。」と返答した。
 
果たしてこの恋の行方は。